ぐらりる ドクマ・マクラ RSS
ログイン新規記事記事編集
CGTEXTNOVELCOMICLINK
powered by Google

ペンパイナッポー県2017-02-13

トミーウォーカー マスターページ看板
 あーいい歳していつからこんなンになっちゃったんだろうなー、と思うんだけど、少なくとも十年前からこんな感じだったわ。
 ドンマイケル!

巨乳祭のつづき2017-01-24

 近年、この祭りにリピーターは少ない。繰り返すが、ここは過疎化の進む高齢者の村なのだ。
 にも関わらず、翌年にはまた新規の観光客達が雪崩のように押し寄せるのだから、やはり人の欲望たるや何をかいわんやなのである。<記者/佐々木>

突然ですが2014-09-18

ダジャレ苦手な私が生み出した今までで一番の渾身のダジャレは
「お安めぐみ(おやすみ)」

おらも ぱらいそさ いきてえんだもん2013-09-07

<お詫び>

 このたび当「マズいもん食ってキツい運動して健康になるくらいなら、ジャンクフードにまみれて死ぬ」会の発起人および名誉会長である佐々木なの(33)が、週三でスポーツジムに通い、十穀米などの健康食品および各種サプリメントなどの健康補助食品を常用している事実が判明いたしました。
 当会では佐々木氏の事情聴取を行い、本人から「だって歳とってきて肌はボロボロだし身体は動かなくなるし暴飲暴食後は胃がもたれるしで死ぬの怖かったんだもん」との弁が取れたため、佐々木氏を会長職から解任し、また今回の事態を重く受け止め永久除名処分とすることを検討しております。
 会員様には大変不快な思いを与えてしまいましたこと、また多大なるご迷惑をお掛け致しましたことを心からお詫び申し上げますとともに、このような不正が二度と起こらないよう管理徹底して参りますので、どうぞ今後とも変わらぬ不摂生な食生活を続けて下さいますよう引き続き宜しくお願い申し上げます。

Adultと年寄りの二つの意味で2012-01-14

 大人の川柳、ってのをさっきお風呂入りながら考えたんですけど、そのまま書くと色々怒られそうなのでコメント欄に書いときます。

 ※五七五、五七五七七のどちらも可。季語はないけど淫語は伏せる方向で(はぁと

使う前は「え〜そんなんいいよ普通ので充分だもん」と思っていても一度使ってみるとその便利さにもう昔には戻れない家庭用品(TISK)ナンバーワン決定戦2009-05-05

TISKナンバー1決定戦トーナメント表
 第1試合、キッチン用品から唯一の出場となった圧力鍋と、ここ数年メキメキと頭角を顕す期待の若手空気清浄機との戦いは、第1ラウンド25秒レフェリーストップで空気清浄機の圧勝という実にあっけない幕開けとなった。ゴングとともに怒濤のラッシュを放った空気清浄機の前に、今期での引退を表明しているベテラン圧力鍋は全く手が出せず、秒殺という屈辱の結果に終わったが、試合後のインタビューに「老兵はただ去るのみ」とだけ語った圧力鍋には、スタッフから惜しみない拍手が送られた。

 うってかわって、第2試合は電動歯ブラシ電動シュレッダーの新人同士の戦い。両者とも力の面ではベテラン勢にやや劣るものの、多彩な技を操る技巧派で、フルラウンドに及んだ試合中、何度も観客を湧かせてくれた。判定は割れ、決着は3分の延長戦に持ち込まれる。延長ではシュレッダーに疲れがみられ、未提出の領収書を誤って裁断するなどミスが目立ち、余力を残していた電動ハブラシの判定勝ちとなった。

 第3試合は、第1試合で鍋を瞬殺した空気清浄機と、前、前々大会優勝者であり、今大会でも屈指の優勝候補である第1シード、ウォッシュレットとの戦いだ。絶対王者の風格漂うウォッシュレットを前にいささか緊張したのか、空気清浄機は押され気味の出だし。第2ラウンドに入っても、思うように手が出ず観客とセコンドを苛つかせた。しかし最終ラウンドでは「花粉タイフーン」など開き直りともとれる一発が飛び出し、あわやと思わせる場面もあったが、王者の前に力及ばず、3−0の判定負けとなった。破れた空気清浄機は試合後、「疲れはなかった。ただ、まだまだ実力不足。精進します」と謙虚な態度を見せた。

 第2シードのドラム式洗濯乾燥機に対するは、前の試合判定勝ちでからくも勝利した電動歯ブラシだ。第4試合は重量級対最軽量級という異色の組み合わせとなった。フル充電を終えた電動ハブラシに、シュレッダー戦の疲れはないようだったが、ドラム式洗濯乾燥機のベテランらしいさすがの試合運びに翻弄され、なかなか技を決められない。経験の差、体格の差もあり、ハブラシ圧倒的不利と会場の誰もが思った。しかし第2ラウンド中盤、ドラム式洗濯乾燥機の「雨の日も安心ハイキック」を紙一重でかわした電動歯ブラシは、重量差から言えば捨て身ともいえるタックルをかまし寝技に持ち込む。得意の形に持ち込んだ電動ハブラシはすかさず「こんなツルツルな前歯、私はじめて式十字固め」を決め、ドラム式もこれにはたまらずタップアウト。トーナメントはここへ来て、前大会準優勝者が初戦敗退という波乱の展開を見せた。

 そして優勝決定戦。王者の圧倒的な力を見せつけたウォッシュレットVS、新人ながらも下馬評を覆し勝ち上がってきたダークホース電動歯ブラシという、誰もが予想しなかった組み合わせに、会場のボルテージは最高潮となった。便利用品界をリードし続けた帝王に新進気鋭の技がどこまで通用するのか、全員が固唾を飲んだ第1ラウンド、電動ハブラシは先手必勝とばかりに攻撃を仕掛ける。しかしウォッシュレットは、前試合でドラム式洗濯乾燥機を破った寝技を警戒しつつも、余裕すら見せて攻撃をかわしていく。ハブラシは逆にカウンターを狙われ、ウォッシュレットの禁断技「肛門注入アッパー」が下顎に炸裂、あわやKOかというところをゴングに救われた。第2ラウンドも王者の一方的な展開で進み、誰もが予定調和を想像した最終ラウンド、ドラマは起こった。すでに半グロッキー状態のハブラシに王者の警戒が解けたのか、慢心からくる油断か、開始直後の足へのタックルでウォッシュレットは寝技に持ち込まれてしまう。体勢を立て直す間もなくハブラシ得意の「ヤニ取り式ホールド」が完全に決まり、ウォッシュレットは懸命にロープに逃れようとするも万事休す、第3ラウンド45秒失神KO。電動ハブラシが前大会王者を破り、5代目王者となった。新王者となった電動ハブラシは、記者会見で「チャンピオンは本当に強かった。今日は運が良かっただけ。それでもこの勝利は本当に嬉しい。これからも頑張りたい」と帝王に敬意を示しつつ、喜びをあらわにした。

(共同チューシン社/佐々木記)

一昨年のブーツが入らなかった去年のブーツも入らない2008-09-14

アラサーの詩(半フィクション)

作詞・作曲/佐々木なの


1:最近とみに 衰えを感じる
  内外かまわず 下(くだ)ってる気がする

  先月の虫さされ まだ治らない
  去年のブーツは もう入らない

  テレビに向かって もんたやタモリと会話している
  小倉さん出るたび オヅラさんって口に出してる

  そんな私の唯一の自慢は ゴミの分別完璧
  ホッチキスの芯取ろうとして 爪はがす

2:最近とみに 衰えを感じる
  人間として 下ってる気がする

  すっぴん スーパー 全然余裕
  ワードロープは ユニクロ主流

  美容院へ行くたび「久しぶりですね」って 言われてる
  言われてはじめて 半年経ったの 気づいてる

  そんな私の唯一の贅沢 5000円のシャンプー
  トリートメントは 予算オーバー

3:最近とみに 衰えを感じる
  一段飛ばしで 下ってる気がする

  黒地に白文字 まぶしくて
  全文選択して読んでる

  整体いくたび「凝ってますね」って 言われてる
  「ほぐすのに毎回凝って帰ってきますね」って 言われてる

  そんな私の唯一の運動 縄跳びはじめました
  冷やし中華よりはやく 終わりました

  おばちゃんからは「若いわね」って言われるけれど
  近所のクソガキ ババァよばわり

  どっちやねん 思わず大阪弁

(C) Nano Sasaki. 1999-2017